SNS依存をやめたいけどやめられない理由 | 本当は怖い家庭の医学!SNSの依存性とは

HOME » 依存症 » SNS依存をやめたいけどやめられない理由

SNS依存をやめたいけどやめられない理由

SNS依存を自覚した際に、身体的影響や精神面から「SNS依存をやめたい」と思う人も多いはずです。
しかし、SNS依存をやめたいけどやめられない、そんな声も数々耳にするのも事実。
SNS依存をやめたいけどやめられない理由について、ご紹介します。

SNS依存をやめられない理由1:楽しみが他にない
SNS以外に趣味や楽しみがなく、持て余して結局SNSに戻ってしまう。
「少し楽しむくらいなら」とSNSを開き、結局SNSに依存してしまう。
そんな理由によりSNS依存症から抜け出せないケースが多いようです。
この様な場合、SNS以外の趣味や楽しみを作ることが有効といえるでしょう。

SNS依存をやめられない理由2:SNSを見ることが癖づいてしまっている
特に用がなくても時間があればSNSを見ることが癖になってしまっているなど、知らず知らずのうちにSNS依存症になってしまっている人はやめられない理由もそこにあるでしょう。
この様な場合、スマホやパソコン自体に触れない時間を作ることが有効といえるでしょう。

SNS依存をやめられない理由3:私生活に友人がいなく寂しい
SNS上でしか親しい友人がいない人も、昨今増えているようです。
SNSから離れてしまうと私生活で話せる友人がいなく、日常がつまらない、そしてまたSNSに戻ってしまう。
この様な場合、SNSを離れてリアルなコミュニティで友人が作れる機会を作ることが有効と言えそうです。

SNS依存症は一度陥ってしまうと、SNSというツールが身近に存在する分、抜け出すのが難しい依存症と言えるでしょう。
使い方を誤らなければ、SNSは共通の趣味をもつ人との出会いや、新しい世界を見出せる素晴らしいツールだと思います。
自身の性格や私生活とうまく折り合いをつけ、自分に合ったSNSとの距離感を見つけていきたいところです。